学校概要
理事長:西島 英利   学校長:三好 甫   学校長代理兼教務部長:大木 清美

教育理念
1. 民主社会の一員として、その使命と責任を自覚し人間の尊厳をわきまえ、すべての人々を公平に受容しうる
自主的精神に満ちた人間の育成をはかる。
全ての人はその人格を尊重され、健康に生きる権利を有する。出生から死に至るまで、その健康を護るた
めに自らの意志と選択をもって、医療従事者の援助を得ながら最善の医療を受けることは、人としての基本
的権利である。医療の一端を担う看護職者は、これらの権利の実現に努め、その擁護者となるべき社会的
使命を負っているという自覚を持たなくてはならない。
 
2. 看護に必要な基礎的知識・技術・態度を習得し、知的・実践的看護を通して社会に貢献できる人材の教育を
行う。
個人とその家族の持つ健康上の問題解決過程を修得させるために、自主的・創造的に学習する機会を提
供する。
 
3. 変動する社会の要請に対応して看護の役割を認識するために、広い視野を持ち、世界の動きに着目する
機会を与える。更にその中で、日本人の生活の母体である風土と、日本人の心を踏まえて、主体的に行動
する素地を育む。
 
4. 将来看護の専門職者として、成長・発達していける素地を育むため、研究的態度を養う。
 
沿革
・ 昭和 52年 4月 医療法人小倉蒲生病院に開設準備室設置
・ 昭和 54年 2月 厚生大臣より小倉南看護専門学校(2年課程)として認可
・ 昭和 54年 4月 開校式・第1回生入学
・ 昭和 54年 6月 専修学校として認可   校歌・校章を決定
・ 昭和 54年 7月 落成記念講演会に聖路加看護大学学長 日野原重明先生を、招聘
・ 昭和 56年 3月 第1回生卒業
・ 平成 元年 2月 厚生大臣より小倉南看護専門学校(3年課程)として認可
・ 平成 元年 4月 3年課程第1期生入学
・ 平成 2年 3月 第10回生卒業(卒業生373名、2年課程終了)
・ 平成 4年 3月 3年課程 第1期生卒業
・ 平成 30年 3月 第27期生卒業
 
教育の特色
1. 入学生
開学当初より男子学生が入学しており、男女共学での教育に関しては、30年の歴史と実績があります。
入学にあたっては、将来看護師として社会に貢献したいと思っておられる方であれば、年齢・性別を問いません。
 
2. 教員
教員は、各看護学の専門領域を持っており、互いに連携をとりながら、専門的かつ責任を持った指導をしています。
 
3. 教育方法
 
(1) 教育理念である「自ら求め、自ら学ぶ」ことができるよう、また問題解決能力を養うために、
全国の専門学校に先駆けてPBL(問題解決型学習法)を取り入れています。
 
(2) 専門学校では数少ないゼミナール制を取り入れ、専門職として自ら求め自ら学んでいく、
研究的素地を育てると共に、コミュニケーションの技術・人間関係の形成能力を学びます。
またゼミナールを通し、3学年の連携を育てています。
 
(3) 「男性性・女性性は人間性に先立つ」ことから、男性性・女性性を持った人間性豊かな看護師を目指し、
“男子ゼミナール”“女子ゼミナール”の活動を行っています。
 
(4) 地域に役立つ看護師となる第一歩は、相手に受け入れていただけること・・・。
そのために、接遇教育・環境整備の教育を充実させています。
 
(5) 日本人としての心を大切にできる、日本人の心が表現できるよう、
日本人と日本の文化の理解・伝統の継承ができる教育を行っています。
 
(6) 看護師として相手を思う心、感性を育てるための教育を行っています。
 
4. 卒業生
卒業生は、各地の人々の求めに応じて活躍する看護師として、日本全国の看護の現場で活躍しています。